女の人

化粧品で乾燥肌を改善しよう|ビューティースキンケアガイド

肌に水分を与えるために

お肌のお手入れ

セラミドを補おう

乾燥肌の原因は、肌が水分を保持できていないことにあります。肌が水分を保持するためには、角質層の細胞間脂質を補うことが重要です。細胞間脂質は肌の水分保持能力の8割を担っており、不足してしまうことは肌の乾燥に直結してしまいます。乾燥肌を予防改善するためには、細胞間脂質の主成分であるセラミドが配合された美容液がおすすめです。セラミドが配合された美容液を選ぶ際には、成分表示を必ず確認することが重要です。美容液に配合されているセラミドは、ヒト型のほか植物性、化学合成品などがあります。ヒト型のセラミドが最も水分保持力が高いため、なるべくヒト型が配合された美容液を選ぶようにしましょう。ヒト型セラミドは、セラミド2やセラミド3と数字で表示されています。

肌表面にも潤いを

乾燥肌を予防改善するためには、セラミドを補うだけではなくセラミドを生成させることも有効です。ライスパワーやユーカリは、セラミドを生成する効果があることで知られています。ライスパワーやユーカリが配合された美容液を選ぶことで、乾燥肌を根本的に予防改善することが可能です。また、角質層だけではなく、肌表面の水分保持能力を高めることもおすすめです。ヒアルロン酸は肌に吸収されることはありませんが、肌の表面で水分を保持してくれます。肌の表面の水分量が多いと、角質層の水分が蒸発しにくくなります。セラミドで角質層を潤わせ、ヒアルロン酸で角質層の潤いを逃がさないようすることで、非常に高い潤い効果を得ることができます。